Epilepsy & Seizures

CBD と抗てんかん薬の併用

この研究の結果は、てんかん治療において CBD が、最後の手段ではなく、治療の第一選択肢にもなり得る可能性を裏付けています。

CBD と抗てんかん薬の併用

child with electrodes on head, awake

カンナビジオール(CBD)は驚くほど安全な薬です。現在、CBDの安全性に関する最も大きな懸念と言えば、CBD を高用量で摂った場合に他の医薬品の代謝を変化させる可能性があるという点です。つまり、CBD は他の医薬品の毒性を高める可能性があるということです。この点は特にてんかんの治療において注目されています—抗てんかん薬の過剰摂取は非常に危険だからです。

てんかんと<br>カンナビノイド

Brain waves in epileptic

 

10歳の少年デヴィッドに最初のてんかん発作が起きたのは生後2か月のときでした。感光性の全身性強直間代発作が、一日に1回から4回ほどありました。2種類の抗けいれん薬、ラモトリギン(日本では商品名ラミクタール)とバルプロ酸を摂取していたにもかかわらず、発作は毎日起こりました。それまでに、カルバマゼピン(商品名テグレトール)、フェノバルビタール(商品名フェノバール)、ゾニサミド(商品名エクセグラン)、レベチラセタム(商品名イーケプラ)を試していましたが効果はありませんでした。

Find CBD near you

Browse hundreds of retail locations for quality CBD products.

検索

News & Reports

Person with IV
大麻を医療目的で利用する人は増えつつあり、医師や患者が、一般的な処方薬とどのような相互作用を持つかを理解することが重要になっています。

Top Conditions

In compiling a list of conditions that CBD may help, we examined hundreds of peer-reviewed articles in scientific journals.

Cannabis Conversations

CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには
CBDのホントとウソ、大麻由来のCBDとヘンプ由来のCBDの違いを勉強しましょう。
患者が絶大の信頼を置き、科学者は興味津々、政府のお役人が頭を抱え、投資家が夢中になる。CBDとはいったい何者なのでしょう?

Top Stories