うつ病

自閉症

自閉症とは複雑な神経行動学的疾患で、ソーシャルスキル、言語、コミュニケーション能力に障害が生じると同時に、行動に柔軟性を欠き、同じ行為を延々と繰り返したりします。自閉症と診断された患者のおよそ30%には発作があります。学習障害、注意欠陥過多動性障害(ADHD)、強迫性障害(OCD)、うつ病、不安神経症などがある場合もあります。

自閉症

自閉症とは複雑な神経行動学的疾患で、ソーシャルスキル、言語、コミュニケーション能力に障害が生じると同時に、行動に柔軟性を欠き、同じ行為を延々と繰り返したりします。自閉症と診断された患者のおよそ30%には発作があります。学習障害、注意欠陥過多動性障害(ADHD)、強迫性障害(OCD)、うつ病、不安神経症などがある場合もあります。

双極性障害

躁うつ病と呼ばれることもある双極性障害は脳の病気で、気分、活力、活動レベルが異常に大きく変化します。気分が激しく浮き沈みしたり、リスクを伴う危険な行動を取ったり、思考が支離滅裂だったり、落ち着きがなく、自傷行為をとることもあります。

うつ病

うつ病は、さまざまな精神的・肉体的な問題を引き起こし、日常生活に支障をきたす深刻な病気です。症状には、疲労感、不安感、怒りっぽくなる、落ち着かない、何をしても楽しくない、食欲の変化、睡眠パターンの変化、自殺を考える、などがあります。

CBDの5つの秘密

わかりにくい法規制の現状にもかかわらず、CBDオイルが巷に溢れる昨今。でも私たちはCBDのことをどれくらい知っているでしょうか?

CBDは発見される前から法律で禁じられていた

大麻は、1937年に連邦政府がマリファナ課税法を制定したことによって事実上違法となりました。この法律には、大麻樹脂および大麻樹脂から抽出されたものは「マリファナ(悪魔の雑草の意)」である、と明言されています。カンナビジオール(CBD)を含むのは樹脂だけです。(樹脂にはこの他、いわゆるハイな状態を生むテトラヒドロカンナビノール(THC)、その他色々な、治療効果のある成分が含まれています。)つまり、陶酔効果のない大麻成分CBDは、CBDというものが存在することがわかる以前に非合法化されていたのです。

民衆にマリファナを

 Why did cannabis become so popular in the 1960s?

 

大麻 はなぜ 1960年代にあれほどの人気となったのでしょうか。そして今、それ以上に人気があるのはなぜなのでしょうか?

かつて使用者は社会経済的な弱者に限られ、社会から疎まれたメキシコ人やアフリカ系アメリカ人が吸っていた違法な雑草。それが人種の垣根を飛び越え、白人の中産階級の若者の間で人気になったのは、俗に「60年代」と呼ばれる社会的騒乱の時代でした。

鋸歯状のマリファナの葉が抵抗のシンボルとなり、反権威主義的アイデンティティの象徴となった 1960年代、大麻は文化戦争の一勢力として初めてその姿を現し、その闘いは今も続いています。人々はすべてを疑い、アメリカを根本から揺さぶるほどの熱狂の中でさまざまなことが試されました。マリファナは、そうした「社会実験」に不可欠でした。

でも、なぜマリファナだったのでしょう? そして、なぜ 1960年代に?

1960年代半ば以降、大麻がこれほどまでに多くの人を惹きつけ続けるのか、その理由は一つではありません。どういうわけか、さんざん悪者にされたこの「ハーブ」は、矛盾に満ちた世界で「不条理な大人になる」ことに抵抗した若いアメリカ人のニーズに応えたのです。

CBD 使用者への
アンケート結果より

Care By Design は、高CBDの医療大麻を使っている患者を対象に、30日間にわたってアンケートを取りました。何のために高CBD製品を使っているのか、使っている製品の CBDTHC の比率、そして、疼痛、不快な症状、活力、気分、そして全体としての健康度にどんな影響があるかについて尋ねています。

結果をまとめました。

全文を読む

Thanks to our sponsors and supporters:

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿