スキンケア

内分泌疾患

内分泌疾患は、ホルモンを分泌する腺の機能障害が引き起こす病気です。甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、副腎機能障害などが一般的です。疲労感、胃の異常、脱水症、皮膚の異常などの症状があります。

内分泌疾患

内分泌疾患は、ホルモンを分泌する腺の機能障害が引き起こす病気です。甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、副腎機能障害などが一般的です。疲労感、胃の異常、脱水症、皮膚の異常などの症状があります。

皮膚疾患

asian woman itching arm
皮膚疾患とは、皮膚に刺激や炎症がある状態のことで、赤くなったり、腫れたり、ヒリヒリしたり痒みがあったりします。アレルギー、刺激物、遺伝子、特定の疾患や免疫系の問題が原因で、発疹、じんましんその他皮膚の病気を引き起こすこともあります。

CBD と MRSA
— ある体験談

CBD and honey jar

あなたがこれを読んでいるこの瞬間も、世界中を見知らぬ敵の群れが襲い、最新の医薬品による防護をものともせずに大暴れして、むごたらしい被害をもたらしています。世界保健機関(WHO)の最近の報告によれば、凶暴な細菌、寄生虫、ウイルス、真菌などが現在猛威を奮っており、その中には、いわゆる「最後の砦」である抗生物質が効かないものがあるのです。

WHO は、21世紀に私たちを待ち構える大きな健康問題の一つとして、抗生物質が効かない「スーパー耐性菌」の増加を挙げています。ずる賢くて捉えどころのない、その姿を変え続ける菌たちは、さまざまな抗生物質による攻撃にもめげず、突然変異や遺伝子の水平移動、自然淘汰を通じて常に自らを刷新し、最強の薬にも負けない戦術を開発しては、手に負えないほどの生命力を持つ極めて有害な子孫をばら撒きます。自分以外の悪性の菌と遺伝物質を共有することさえあります。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

最新の記事

CBDとTHCは、自閉症スペクトラム障害に伴う行動と健康の問題を軽減します。

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿