神経変性疾患

アルツハイマー病とエンドカンナビノイド・システム

CBD、THC、その他のカンナビノイドは、神経変性を治療し、認知機能を向上させるのに有望です。

神経変性疾患

woman on beach in wheelchair
神経変性とは、ニューロンの構造や機能が次第に劣化する現象で、ニューロンの死滅も含みます。ALS、パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病を含む神経変性疾患の多くは、この神経変性が原因で起こります。

医療大麻:いつ始めても遅くない

elderly man smoking a joint
インターナショナル・アソシエーション・フォー・カンナビノイド・メディスン(IACM)の学術会議で今年大きな話題だったのは、高齢者と、加齢に伴う疾病に対する医療大麻の利用でした。世界中で、今最も医療大麻の使用者が増加しているのが高齢者層です。医療大麻は高齢者が使っても安全なのでしょうか? そこにはどんな恩恵があるのでしょうか?

植物療法の入り口としての大麻

人間の体内にあるエンドカンナビノイド・システム(ECS)は、大麻草(カンナビス)に含まれる化合物に反応することからそう呼ばれています。しかし、エンドカンナビノイド・システムを調節する作用があるのは大麻草だけではありません。さまざまな植物、あるいは一部の単細胞生物さえ、ECS に作用する分子を産生します。

イタリアとスウェーデンの科学者が共同で2019年に『Planta』誌に発表したレビュー論文は、「cannabimimetic(カンナビミメティック)」な、つまり「大麻に類似した」植物について述べています。これらの植物は大麻草とは違いますが、すべての脊椎動物に必須のものである ECS に作用する、興味深い化学成分を産生します。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

Thanks to our sponsors and supporters:

人気の投稿