大麻草はなぜ
カンナビノイドを作るのか?

大麻草はなぜ
カンナビノイドを作るのか?

大麻草はいったいなぜ、カンナビノイドを産生するように進化したのでしょうか? 読者からの質問に答えます。
大麻草はいったいなぜ、カンナビノイドを産生するように進化したのでしょうか? 読者からの質問に答えます。
Close up of a cannabis flower on a yellow background. The trichomes and stigmas are clearly visible on the surface of the flower.

ノースカロライナ州にお住まいの読者から質問がありました。

Q:大麻草はどうしてカンナビノイドを作るのですか? カンナビノイドを何に使うのですか? 大麻草以外の植物には害はないのですか?

A: 大麻草がカンナビノイドを産生する生態学的な理由はいくつかあります。植物は進化の歴史上人間よりも古くから存在し、したがって、自然は人間をハイにするために大麻草を登場させたわけではありません。大麻草がカンナビノイドを産生する生態学的な理由は、イーサン・ルッソ博士が書いた記事「THCをてなずける」に詳しく説明されています。

大麻草はなぜカンナビノイドを作るのでしょうか? それは、植物が繁殖しようとする際に DNA を傷つける可能性のある紫外線から護るためかもしれません。またTHCA(植物は、テトラヒドロカンナビノール酸という形で THC を産生します)と CBGATHCAの前駆体、カンナビゲロール酸)はともに、殺虫作用を持っています。この作用と、トリコームという樹脂がネバネバしていることが、天敵である虫から大麻草を二重に護るのです。

カンナビノイドは他の植物には有害です。大麻草には除草作用があって、成熟するとともに下の方の葉が落ちるのはそのためです。それによって大麻草は、次の世代のための種子を産生することにエネルギーと養分を集中できるのです。


Project CBDに質問をお寄せください。


 

当サイトの著作権は Project CBD にあります。許可なく転載を禁じます。

Revision date: 
10月 9, 2016

本サイトの内容は、アメリカの非営利団体 Project CBD の記事を翻訳したものです。科学的エビデンスに基づいた情報の提供が目的であり、日本国内における違法行為を推奨するものではありません。 サイトのポリシーについてはこちらをご覧ください。

Thanks to our sponsors and supporters:

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿