Frequently asked questions

Frequently Asked Questions

Got questions about CBD? We’ve got answers!

CBD には他の薬物との相互作用がありますか?

はい。CBD は、多くの薬剤の代謝に関与するシトクロムP450 酵素の働きを阻害します。医師が薬を摂る直前と直後にはグレープフルーツを食べないよう患者に指導するのは、グレープフルーツに含まれる成分も同じ酵素を阻害するためです。シトクロムP450 を阻害することで、CBD は他の薬剤の効果を弱めたり強めたりします。場合によっては、CBD を摂っている患者の、他の薬物の血中濃度を監視する必要があるかもしれません。より詳しくは、CBDの薬物相互作用:シトクロム P450 の役割 をご覧ください。

Back to top

CBD は体内でどのように代謝されますか? 他の化合物に変換されるのですか?

CBD は肝臓で、7-hydroxy-CBD という類似化合物に変換されます。6-OH-CBD という化合物が生成されることもあります。ただしこれらの化合物の作用についてはあまりわかっていません。CBD は体内で THC にはほとんど変換されないということを示すしっかりした証拠はあります。

詳しくは、「分析:CBD は胃の中で THC に変換されるのか?」をご覧ください。

Back to top

どれくらいの用量のCBDを摂ればいいか、どうしたらわかりますか?

CBDの用量の決め方」をご覧ください。

 

Back to top

大麻由来の CBD とヘンプ由来の CBD は違いますか?

最も安全で治療効果も高いのは、有機栽培された大麻草全草を原料とした CBD 製品です。産業用ヘンプから作られた CBD 製品の場合、大麻草と比べて CBD の含有量が少なく大量の原料を必要とするため、有害物質が混入する可能性が高まります。ヘンプは「バイオアキュミュレーター」であり、土壌の有害物質を吸い上げる性質があるためです。また、ヘンプ由来の CBD や精製された CBD アイソレートには、CBD との相乗効果で治療効果を発揮する、重要なテルペンやマイナーカンナビノイドが含まれません。
Back to top

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

カンナビス・カンバセーション

大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます

人気の投稿