カリオフィレンがアルコールの摂取量を減らす

カリオフィレンがアルコールの摂取量を減らす

カリオフィレン(BCP)とその派生物であるカリオフィレンオキシド(BCPO)は、多くの葉物野菜に含まれる、特に重要なテルペンです。
rainbow chard

多くの植物の香りの元である、揮発性の高い化合物、テルペンは、大麻草が持っている薬効の一部を担っているようです。カリオフィレン(BCP)とその派生物であるカリオフィレンオキシド(BCPO)は、中でも特に重要なテルペンで、多くの葉物野菜に含まれています。これらが活性化する CB2 受容体は、最近の研究によれば、飲酒にともなう有害な作用の一部を防ぎます。研究では、アルコールを摂取したマウスに、さまざまな濃度の BCPBCPO を餌に混ぜて与えたところ、高用量の BCP がアルコールによる害をある程度軽減させました。BCPO では、それよりもずっと低用量で、マウスが飲もうとするアルコール量が減ったと同時にアルコールによる依存や行動への影響も軽減しました。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

カンナビス・カンバセーション

大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます

人気の投稿