カンナビノイドと
アルツハイマー病

カンナビノイドと
アルツハイマー病

アメリカ政府が雇用した科学者らは、2001年、カンナビノイドに抗酸化物質および神経保護物質としての特許を取得し、アルツハイマー病その他の疾病の治療に有益である可能性を述べています。
alzheimer's brain

カンナビノイドは、さまざまな神経変性疾患の治療への利用が提唱されています。事実、アメリカ政府が雇用した科学者らは、2001年、カンナビノイドに抗酸化物質および神経保護物質としての特許を取得し、アルツハイマー病その他の疾病の治療に有益である可能性を述べています。ソーク研究所は最近、単離された各種のカンナビノイドとそれらの組み合わせの神経保護作用についての基礎実験を行っています。

11種類のカンナビノイドの作用を、アルツハイマー病に関係のある5段階の細胞ストレスについて調べたところ、その多く(CBDVCBGΔ8-THC、etc.)が、酸化による細胞死を阻害しました。酸性カンナビノイドはこの場合あまり効果がなく、むしろ CBGA は高濃度では細胞毒性があったほか、CBDATHCA は、それぞれの中性の形である CBDTHC に比べ、細胞ストレスを防ぐ効果は劣っていました。

平均すると、 Δ8-THCΔ9-THCCBDCBC、そして CBN は、ほぼすべてのテストにおいて強力な神経保護作用がありました。また THCCBN を組み合わせると相乗的な神経保護作用を発揮しました。THCCBD の組み合わせには相加効果がありましたが、相乗効果ではありませんでした。奇妙なことに、実験に使われた細胞株のいくつかにはカンナビノイド受容体がなく、これらのカンナビノイドは、エンドカンナビノイド・システムに限らずさまざまな機序で作用することを示唆しています。(参照:CBDTHCA

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

最新の記事

CBDとTHCは、自閉症スペクトラム障害に伴う行動と健康の問題を軽減します。

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿