CBD 使用者への
アンケート結果より

CBD 使用者への
アンケート結果より

Care By Design が数千人の患者に、高CBDの医療大麻製品をどのように使っているか、また疼痛、不快な症状、活力、気分、そして全体としての健康度にどんな影響があるかを尋ねました。アンケートの結果をご紹介します。
Care By Design が数千人の患者に、高CBDの医療大麻製品をどのように使っているか、また疼痛、不快な症状、活力、気分、そして全体としての健康度にどんな影響があるかを尋ねました。アンケートの結果をご紹介します。

Care By Design は、高CBDの医療大麻を使っている患者を対象に、30日間にわたってアンケートを取りました。何のために高CBD製品を使っているのか、使っている製品の CBDTHC の比率、そして、疼痛、不快な症状、活力、気分、そして全体としての健康度にどんな影響があるかについて尋ねています。

結果をまとめました。

全文を読む

わかったこと

  1. 医療大麻の患者は、高CBD の大麻製剤をさまざまな疾患のために使っており、その中には、重篤で治療法のないものや、FDA が承認した医薬品が効かないものも含まれています。12% 以上の人が、がん治療の副作用を抑えるために使用していました。
  2. 精神性疾患、気分障害、神経疾患、中枢神経系損傷の患者は CBD が主成分の医療大麻製品を好み、疼痛や炎症のある患者は、CBDTHC の割合が近いものを好むと答えました。
  3. THCも重要です。痛みや炎症が軽減した/気分や元気が回復したと答える確率が一番高かったのは、CBDTHC が4:1の比率で含有されている製品を使っている患者でした。全体としての健康度が改善したのは CBDTHC の比率が2:1の人でした。このことは、CBDTHC は相乗的に働いて互いの医療効果を高めるという化学的研究とも合致しています。
  4. CBD が豊富な大麻草は、疼痛緩和(中でも線維筋痛症、頭痛や偏頭痛)患者(特に PTSD の患者)が感じる全般的な健康度に大変効果的なようです。
  5. 全体としての健康度が低下した、あるいは気分が以前よりも落ち込んだと答える確率が最も高かったのは、高CBD の大麻製品を「一般的な健康」のために使っている患者グループだけであったことを見ると、CBD 製品は基本的に健康な人のサプリメントとしてはふさわしくない、という可能性があります。

Project CBD のディレクターであるマーティン・リー(Martin A. Lee)は、Care By Design の商品開発コンサルタントを務めています。この報告書の作成には関与していません。


当サイトの著作権は Project CBD にあります。許可なく転載を禁じます。

Revision date: 
9月 15, 2015
添付サイズ
PDF アイコン CBD Patient Survey1.34 MB

本サイトの内容は、アメリカの非営利団体 Project CBD の記事を翻訳したものです。科学的エビデンスに基づいた情報の提供が目的であり、日本国内における違法行為を推奨するものではありません。 サイトのポリシーについてはこちらをご覧ください。

Thanks to our sponsors and supporters:

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿