科学

科学

現代科学において最もエキサイティングな、それでいて知られていない新発見の中心にあるのが大麻です。大麻の作用に関する研究が、それまで誰も知らなかった人体内の生化学的信号伝達システム、エンドカンナビノイド・システムの発見に結びついたのです。エンドカンナビノイド・システムは、私たちの生理機能、気分、そして日常生活の調整に欠かせない役割を果たします。

国際カンナビノイド研究学会(International Cannabis Research Society)の2019年のシンポジウムでは、CBDが不安神経症、がん、心臓病、薬物依存症、脳損傷などに対して持つ治療効果に注目が集まりました。
rainbow chard
カリオフィレン(BCP)とその派生物であるカリオフィレンオキシド(BCPO)は、多くの葉物野菜に含まれる、特に重要なテルペンです。
mouse with daisies
CBDは本当に、4匹と半分のネズミを殺したのでしょうか?
わかりにくい法規制の現状にもかかわらず、CBDオイルが巷に溢れる昨今。でも私たちは CBD のことをどれくらい知っているでしょうか?
alzheimer's brain
アメリカ政府が雇用した科学者らは、2001年、カンナビノイドに抗酸化物質および神経保護物質としての特許を取得し、アルツハイマー病その他の疾病の治療に有益である可能性を述べています。
大麻草だけでなく、数十種類の植物に、エンドカンナビノイド・システムに作用する化合物が含まれています。
Lipids
CBD が体内の内因性カンナビノイド量を急性的に増加させるというのは、しばらく前からわかっていることです。
drawing of liver and kidneys
肝臓または腎臓に疾患のある人にとって、CBDの最適な用量を見つけるのはことさらに困難です。この二つは、化学物質を血液から除去する主要な臓器だからです。
Abstract background
CBDとLSDは同じセロトニン受容体に結合します。セロトニン受容体は幻覚作用や変容意識を引き起こしますが、CBDには抗精神病作用があり、幻覚は起きません。
barbed wire fence against blue sky
ゲートウェイがあるとしたら、それは大麻ではなくて初期のオピオイド処方のようです。

Thanks to our sponsors and supporters:

Naturecan CBDオイル

Thanks to our sponsors and supporters:

人気の投稿