科学

科学

現代科学において最もエキサイティングな、それでいて知られていない新発見の中心にあるのが大麻です。大麻の作用に関する研究が、それまで誰も知らなかった人体内の生化学的信号伝達システム、エンドカンナビノイド・システムの発見に結びついたのです。エンドカンナビノイド・システムは、私たちの生理機能、気分、そして日常生活の調整に欠かせない役割を果たします。

Trending in 科学

Articles in 科学

科学的研究の結果は、THC と CBD が腸内微生物叢の健康を促進することを示しています。
child with electrodes on head, awake
この研究の結果は、てんかん治療において CBD が、最後の手段ではなく、治療の第一選択肢にもなり得る可能性を裏付けています。
abstract image of brain
CBD と THC の重要な作用の一つにニューロン新生の刺激があります。脳で新しいニューロンが作られ統合されるのを助けるのです。
Dr. Bonnie Goldstein chatting
大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
国際カンナビノイド研究学会(International Cannabis Research Society)の2019年のシンポジウムでは、CBDが不安神経症、がん、心臓病、薬物依存症、脳損傷などに対して持つ治療効果に注目が集まりました。
わかりにくい法規制の現状にもかかわらず、CBDオイルが巷に溢れる昨今。でも私たちは CBD のことをどれくらい知っているでしょうか?
alzheimer's brain
アメリカ政府が雇用した科学者らは、2001年、カンナビノイドに抗酸化物質および神経保護物質としての特許を取得し、アルツハイマー病その他の疾病の治療に有益である可能性を述べています。
CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
妊娠中の医療大麻使用という賛否の分かれるテーマについて、妊婦を診療してきた経験に基づいてステイシー・カー博士が解説します。
CBD does not convert to THC in the stomach
CBDが胃の中でTHCに変わると示唆する誤った報道。その背後にある嘘と利権を Project CBD が暴きます。

Thanks to our sponsors and supporters:

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿