科学

科学

現代科学において最もエキサイティングな、それでいて知られていない新発見の中心にあるのが大麻です。大麻の作用に関する研究が、それまで誰も知らなかった人体内の生化学的信号伝達システム、エンドカンナビノイド・システムの発見に結びついたのです。エンドカンナビノイド・システムは、私たちの生理機能、気分、そして日常生活の調整に欠かせない役割を果たします。

カンナビノイドで COBID-19 は予防できるのか?カンナビノイドの研究者に伺いました。
分子生物学者が大麻業界に根付く神話の真相を暴く
最新の研究はカンナビノイドががん治療に役立つ可能性を示しています。足りないのは臨床試験です。
植物に含まれる芳香族化合物には、痛みとストレスを軽減させ、脳の健康を促進し、がんや抗生物質耐性細菌と闘うほかにもさまざまな働きがあります。
品種名やそれが育種されてきた歴史よりも重要な意味を持つのは、大麻に含まれるテルペンの内容です。
精神的な健康、認知力、感情その他、脳が司っている生体プロセスを調節しているのは、カンナビノイドに反応する受容体です。
カンナビノイドという急成長中の研究分野から、最新情報をお伝えします
問題の核心はどこにあるのか? 真相に迫ります。
糞便微生物叢を移植するという実験は、健康というものについて私たちに何を教えてくれるのでしょうか?
エンドカンナビノイド・システムが周囲の状況に適応する能力と冬眠には関係があるようです。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

Thanks to our sponsors and supporters:

人気の投稿