医療

医療

CBDや医療大麻を使って特定の疾患や症状を治療する可能性について学びましょう。

drawing of liver and kidneys
肝臓または腎臓に疾患のある人にとって、CBDの最適な用量を見つけるのはことさらに困難です。この二つは、化学物質を血液から除去する主要な臓器だからです。
bud on top of beer can
飲酒はインターロイキン-6 を増加させますが、大麻のユーザーではその程度が軽減されました。
Abstract background
CBDとLSDは同じセロトニン受容体に結合します。セロトニン受容体は幻覚作用や変容意識を引き起こしますが、CBDには抗精神病作用があり、幻覚は起きません。
抗生物質の効かない感染症の問題が拡大しています。CBD を豊富に含む大麻は、そんな感染症と闘うための強力な武器になるかもしれません。
barbed wire fence against blue sky
ゲートウェイがあるとしたら、それは大麻ではなくて初期のオピオイド処方のようです。
cancer cell and lab tray with dropper
CBDと抗がん剤との間にどのような相互作用があるかについて論じた 10 の論文を検証します。
cancer cells being attacked
“オーファン受容体” とは、人間の体内にあり、作動薬がわかっていない受容体のことです。
Breast cancer testing
THCという単一分子と、大麻草全草から抽出された大麻オイルが持つ抗腫瘍作用を比較します。
abstract drawing of the lungs
イギリスの医師からの、高齢の肺がん患者に CBD が奏効した症例をご紹介します。
Tell Your Children: The Truth About Marijuana, Mental Illness and Violence
大麻、精神病、暴力に関するリーファー・マッドネス時代の偏見を現代に蘇らせる最新アンチ本の嘘を、ジェイハン・マルク博士が暴きます。

Thanks to our sponsors and supporters:

Naturecan CBDオイル

Thanks to our sponsors and supporters:

人気の投稿