医療

医療

CBDや医療大麻を使って特定の疾患や症状を治療する可能性について学びましょう。

Lipids
CBD が体内の内因性カンナビノイド量を急性的に増加させるというのは、しばらく前からわかっていることです。
Man running on beach
うつ病の人は往々にして、体内の内因性カンナビノイドの量が少なく、運動はエンドカンナビノイド・トーンの回復に役立ちそうです。
Roadsigns pointing in two directions
ある種のてんかんの治療にCBDが有効であることは明らかですが、ではいったいどの製品を選べばいいのか、患者は迷っています。
sad dog on couch
あなたの大事なペットの疼痛や炎症に医療大麻を使うには。獣医がアドバイスします。
pensive man with glasses
最近行われたある予備研究で、大麻からの抽出物が、重篤な認知症の症状改善のために使用でき、安全であることが示されました。
abstract image of woman in profile made of colorful smoke
高用量のTHCには幻覚作用があり、LSDのマイクロドージングはCBDによく似ています。こうしたパワフルな化合物には人間の苦しみをやわらげる力があり、エンドカンナビノイド・システムを通して働きます。
drawing of liver and kidneys
肝臓または腎臓に疾患のある人にとって、CBDの最適な用量を見つけるのはことさらに困難です。この二つは、化学物質を血液から除去する主要な臓器だからです。
bud on top of beer can
飲酒はインターロイキン-6 を増加させますが、大麻のユーザーではその程度が軽減されました。
抗生物質の効かない感染症の問題が拡大しています。CBD を豊富に含む大麻は、そんな感染症と闘うための強力な武器になるかもしれません。
barbed wire fence against blue sky
ゲートウェイがあるとしたら、それは大麻ではなくて初期のオピオイド処方のようです。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

カンナビス・カンバセーション

大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます

人気の投稿