炎症性疾患

炎症性疾患

炎症とは、私たちの体が感染から身を護ろうとする現象ですが、行き過ぎると病気となり、発赤、腫れ、疼痛、筋肉の凝りなどの症状があります。慢性の炎症は、心臓病や脳卒中に関係しているとされ、自己免疫性疾患を引き起こす場合もあります。

Articles in 炎症性疾患

何年ぶりかで彼は、未来への希望を感じています。
科学的研究の結果は、THC と CBD が腸内微生物叢の健康を促進することを示しています。
大麻草に含まれるCBDの前駆体が持っている医療効果について
Woman with cancer reading book
ドナルド・エイブラムス博士は、『がん専門医は医療大麻を推奨すべきか?』と題された最近の論文の中で、がん患者のケアにおいて医療大麻ができることについて論考しています。
abstract image of syringe
CBDは、ステロイドに代わる、あるいはその用量を減少させる画期的な療法になり得るでしょうか?
あなたがもし、治療方法のない慢性疲労症候群に罹ったらどうしますか? これは、医療大麻を使って人生が変わったある女性のストーリーです。
seeding of cannabis
CBD ユーザーを対象に行われた大規模アンケート調査の結果を Project CBD がお伝えします。
国際カンナビノイド研究学会(International Cannabis Research Society)の2019年のシンポジウムでは、CBDが不安神経症、がん、心臓病、薬物依存症、脳損傷などに対して持つ治療効果に注目が集まりました。
大麻草だけでなく、数十種類の植物に、エンドカンナビノイド・システムに作用する化合物が含まれています。
Lipids
CBD が体内の内因性カンナビノイド量を急性的に増加させるというのは、しばらく前からわかっていることです。

参照論文:CBDと 炎症性疾患

上のリンクは、第三者のウェブサイトにある記事を参考のために掲載しています。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿