がん

がん

がんというのは、関連する複数の病気の集合を指す言葉で、体細胞が際限なく増殖して周囲の組織に拡がります。がんの種類によって症状は異なりますが、往々にして、疼痛、疲労感、悪心、そして理由のわからない体重減少などがあります。
abstract drawing of the lungs
イギリスの医師からの、高齢の肺がん患者に CBD が奏効した症例をご紹介します。
cancer cell and lab tray with dropper
CBDと抗がん剤との間にどのような相互作用があるかについて論じた 10 の論文を検証します。
cancer cells being attacked
“オーファン受容体” とは、人間の体内にあり、作動薬がわかっていない受容体のことです。
Person with IV
大麻を医療目的で利用する人は増えつつあり、医師や患者が、一般的な処方薬とどのような相互作用を持つかを理解することが重要になっています。
精神作用のないカンナビノイド、CBDは、セロトニンを分泌する受容体に作用し、比較的低用量で悪心(吐き気)と嘔吐を軽減させることがわかっています。
Cannabis may shrink tumor growth
カンナビノイドが、悪性腫瘍の成長を遅延させ、腫瘍に栄養を届ける血管の新生を阻害し、疼痛、疲労、悪心その他がんに伴う症状を緩和させることを示すエビデンスが蓄積されつつあります。

Thanks to our sponsors and supporters:

Naturecan CBDオイル

人気の投稿