がん

がん

がんというのは、関連する複数の病気の集合を指す言葉で、体細胞が際限なく増殖して周囲の組織に拡がります。がんの種類によって症状は異なりますが、往々にして、疼痛、疲労感、悪心、そして理由のわからない体重減少などがあります。

Articles in がん

Woman with cancer reading book
ドナルド・エイブラムス博士は、『がん専門医は医療大麻を推奨すべきか?』と題された最近の論文の中で、がん患者のケアにおいて医療大麻ができることについて論考しています。
Dr. Bonnie Goldstein chatting
大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
尊厳ある死を迎えることは人間の権利です。大麻がその役に立つかもしれません。
A blister pack is filled with blue and white capsules, with one exception - one blister is filled with cannabis.
医学のパイオニア、マヌエル・グズマン博士に、大麻由来のがん治療薬が承認される可能性について伺いました。
国際カンナビノイド研究学会(International Cannabis Research Society)の2019年のシンポジウムでは、CBDが不安神経症、がん、心臓病、薬物依存症、脳損傷などに対して持つ治療効果に注目が集まりました。
abstract drawing of the lungs
イギリスの医師からの、高齢の肺がん患者に CBD が奏効した症例をご紹介します。
cancer cell and lab tray with dropper
CBDと抗がん剤との間にどのような相互作用があるかについて論じた 10 の論文を検証します。
cancer cells being attacked
“オーファン受容体” とは、人間の体内にあり、作動薬がわかっていない受容体のことです。
Breast cancer testing
THCという単一分子と、大麻草全草から抽出された大麻オイルが持つ抗腫瘍作用を比較します。
Person with IV
大麻を医療目的で利用する人は増えつつあり、医師や患者が、一般的な処方薬とどのような相互作用を持つかを理解することが重要になっています。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿