CBD ユーザーガイド

CBD ユーザーガイド

CBDユーザーが持っている主な疑問に答えるため、CBDと医療大麻の初心者のためのユーザーガイドを作りました。
CBDユーザーが持っている主な疑問に答えるため、CBDと医療大麻の初心者のためのユーザーガイドを作りました。
CBD User's Manual: A Beginner's Guide to Cannabis Therapeutics

2009年、幸運にも、CBDを豊富に含む大麻の数種が、アメリカの大麻栽培の中心地であり合法的に医療大麻が使えるカリフォルニア州の北部で発見されました。こうして、高CBDの大麻を使った治療に関する、市民参加型の一大実験が始まったのです。

大麻草全草から抽出される高CBDオイルが草の根的に治療の選択肢として台頭すると、大麻に関する世論が変わりました。医療大麻に効果があるということにもはや疑念の余地はありません。現在の最大の関心は、大麻から最大の治療効果を引き出すためにはどうすればよいか、ということです。

でも、医療従事者のほとんどは医療大麻について経験を持ち合わせていません。そこでProject CBDは、CBDと医療大麻に関する主要な疑問に答えるためのユーザーガイドを作りました。

CBDとは何か?

カンナビジオール(CBD)は大麻草の成分の一つで、陶酔作用がなく、素晴らしい治療効果を持っています。CBDはTHCと違って人をハイにしませんが、今、科学者や医療従事者、そして、慢性疼痛がんクローン病糖尿病リウマチ性関節炎PTSD心臓血管疾患不安症抗生物質が効かない感染症多発性硬化症統合失調症、その他さまざまな疾患を高CBD製品で治療している医療大麻の患者たちを、大いに興奮させています。こうした疾患に対するCBDの効果については現在、アメリカその他の国々の科学研究所で研究が行われています。科学者は、CBDを「節操のない」化合物と呼びます—なぜならCBDは、人間が持っている生理学的かつ生物学的機能の根本的な仕組みに働きかけて、多様な作用機序を通して治療効果を発揮するからです。数多く行われてきている基礎研究、またいくばくかの臨床研究の結果は、CBDに強力な抗酸化作用、抗炎症作用、抗けいれん作用、抗うつ作用、抗精神病作用、抗腫瘍作用、そして神経保護作用があることを示しています。CBDはまた、遺伝子の発現を変化させ、アルツハイマー病に顕著に現れる βアミロイドプラークを脳細胞から除去します。

画像

CBDとTHCではどちらが良いか

CBDと(人をハイにする)THCは、医療大麻の最強カップルでであり、一緒に使ったときに最も効果を発揮します。CBDとTHCは相乗的に作用して互いの治療効果を高めるのです。CBDはTHCの持つ鎮痛作用や抗がん作用を増進しますし、同時にTHCの精神作用を弱めます。またCBDは、THCを摂りすぎたときに起きる、不安や頻脈などの副作用を軽減します。この2つが十分に含まれている大麻の品種、あるいはそういった大麻製品を使うと、CBDはTHCが引き起こすハイの上限を低くし、効果の持続時間を引き延ばします。(ある患者は高CBDの大麻について、「リラックスはするけれど陶酔はしない」と表現しました。)CBDは、たとえば肝臓、心臓血管系、代謝異常などTHC優位の製剤はあまり効果がない疾病にまで、医療大麻の治療対象の幅を広げます。またCBDとTHCはどちらも、成長した哺乳動物におけるニューロン新生(新しい脳細胞の生成)を促進します。

一番良いCBDの摂取方法は?

高CBDの大麻の最も正しい摂取方法とは、最適な用量を摂ることができ、効果が望ましいだけの時間続き、副作用がないものです。高CBDの品種の大麻草のバッズが買えるディスペンサリーも中にはありますが、CBDを使用している患者の多くは、濃縮カンナビス・オイルが使われている、吸入以外の方法で摂取する製品を好みます。連邦法では違法ですが、かなりの量のCBDを含む製剤が、喫煙以外のさまざまな方法で摂取する製品として販売され、色々な使い方が可能です。効果が現れるまでの時間と効果の継続時間は摂取方法によって異なります。高CBDのカンナビス・オイル製品は、舌下に垂らしたり、食品、キャンディ、飲料、ティンクチャー、ジェルカプセルなどの形で経口摂取もできますし、肌に塗ることもできます。カンナビス・オイルのコンセントレート(濃縮された製品)は、熱してベープペンで吸入することもできます。吸入は、急性ですぐに対処が必要な症状に向いており、ほんの1〜2分で効果が現れて、通常2時間ほど続きます。経口摂取された高CBDオイルの効果は4時間以上継続しますが、効果が現れるまでの時間は吸入の場合よりもずっと長く、30分から90分ほどかかります。

私に適したCBDとTHCの比率は?

医療大麻は一人ひとりに合わせた医療です。すべての人に適した比率、品種、製品が一つだけあるわけではありません。あなたに一番効果のあるCBDとTHCの比率を見つけ、治療効果を最大限に引き出しましょう。カンナビノイドの比率が最適な高CBDの製剤と、その用量を決めるにあたって、最も重要なのはその人のTHCに対する感受性です。大麻が引き起こす陶酔感を楽しみ、あまりにもハイになりすぎたり不快感を覚えずにそこそこの量の大麻製品を摂取できる人はたくさんいます。一方で、THCが嫌いという人もいます。CBDはTHCの陶酔作用を弱める、あるいは消すことができます。ですから、THCに対するCBDの比率が高いほどハイにはなりにくいのです。医療大麻が合法である州の一部では、CBDとTHCがさまざまな比率で含まれる濃縮カンナビス・オイルその他の製品が手に入りますので、ユーザーは、自分のニーズや感受性に合わせて、精神作用を調節したり最小限に抑えることができます。THCが好きでない人は、高CBDでTHCはごく僅かしか含まれない製品を使って、ハイにならずに治療効果を享受できるのです。ただし、THCがごくわずかな製剤は、たしかに陶酔感は引き起こしませんが、必ずしも治療のために最適とは限りません。ですから、すべての年齢の患者が、単に高CBDオイルだけでなく、多種多様な全草抽出の医療大麻製剤を使えるようになることが必要なのです。結局のところ、きちんと用量を測定でき、常にクオリティが一定で、その人が不快感なく使用できる範囲でできるだけ多くのTHCを含む高CBD製剤を見つけるのが理想です。

画像

効果のあるCBDとTHCの比率は病気によって違うの?

ある程度の傾向は明らかになりつつあります。たとえば、不安神経症、うつ病、けいれん、精神疾患、発作性疾患には、THCをほとんど含まない高CBD製剤を低用量摂ることから始めて効果が出ている、と多くの人が言います。がん、自閉症その他多くの疾患については、CBDとTHCがバランス良く含まれているものの方が効くと言う人もいます。アメリカの国外で行われた本格的な臨床試験では、CBDTHCの含有比が1:1のものが神経性疼痛に効くことがわかりました。ここで注意すべきは、CBDTHCの含有比というのは、ある製品または大麻草にどれだけの量のCBDまたはTHCが含まれているかを示すものではありません。CBDTHCの含有比が違う製品を、時間帯によって使い分けている人もいます(日中は主にCBD、夜は主にTHCというように)。THCその他の大麻成分は免疫機能を調節するCB2受容体を活性化するので、理論的には、どのような品種、どのような製品でも、自己免疫疾患や炎症性疾患には効くはずです。

最も効果的なCBDの用量とは

高CBDのカンナビス・オイルが効果を表す用量は、ほんの数ミリグラムという人から1グラム以上必要な人までさまざまです。まずは、高CBDでTHCをほとんど含まないものをほんの少し摂ることから始めるとよいでしょう。医療大麻の初心者ならなおさらです。一度にたくさん摂るより、少しの量を一日数回に分けて摂りましょう。同じ用量とカンナビノイドの含有比を数日間続けます。その効果を見て、必要なら含有比あるいは用量を調節しましょう。摂りすぎてはいけません。大麻の成分には二相性があり、同じ製品でも低用量と高用量で反対の効果を示すことがあります。概して、低用量の大麻成分は刺激性があり、高用量では鎮静作用があります。THCを摂りすぎると、死ぬことはありませんが、不安神経症や気分障害が悪化する可能性があります。CBDには副作用はありませんが、摂りすぎると、中程度の用量を摂ったときよりも治療効果が弱まることがあります。医療大麻に関して言えば、「少ない方がより効果的」という場合が多いのです。

高CBD製品を選ぶとき気をつけることは?

画像

CBDとTHCの比率、用量、製造年月日、品質管理のためのロット番号がラベルに明記されている製品を探しましょう。高品質の原材料が使われており、コーンシロップ、トランス脂肪、GMO、添加物、希釈剤、保存料などが使われていないものを選びます。高CBD製品であっても、ラボの検査を受けていて品質が一定であること、カビ、バクテリア、殺虫剤、残留溶剤その他が混入していないかを点検すべきです。ブタンガス、プロパンガス、ヘキサン、その他の炭化水素といった有害な溶剤を使って抽出されたものは避けるのが賢明です。

CBDがそれほど良いのなら、純粋なCBDはもっと良いのでは?

CBDアイソレートであるエピディオレックスは、アメリカ連邦政府に承認された難治性小児てんかんの治療薬です。同時に、政府による品質管理の規制のないヘンプ由来CBDの市場では、結晶化されたCBDアイソレートを溶かした製品が、ネットショップやさまざまな小売店舗で販売されています。ただし、CBDという単一分子しか含まない製品は、全草から抽出された高CBD製品と比べると治療効果は劣ります。研究によって、合成されたCBDの単一分子は治療域が非常に狭く、治療効果を発揮するためには高用量を正確に摂る必要があることがはっきりしています。一方で、医療大麻が合法な州ではすでに、全草抽出の高CBD製品はより低用量でさまざまな疾患に効果があることがわかっています。大手製薬会社の研究所で合成されたものであろうが産業用ヘンプから抽出されたものであろうが、CBDという単一分子には、樹脂を豊富に産生する大麻品種には含まれている、補助的カンナビノイドその他医療効果を持つ化合物が欠けています。これらの化合物は、CBDやTHCに作用してその治療効果を高めるのです。これを科学用語で「アントラージュ効果」と呼びます。大麻に含まれる数々の化合物にはそれぞれに治療効果がありますが、大麻草全草が持つ治療効果は、それらを足し合わせた合計よりも大きいのです。

ヘンプ由来か大麻由来か—その違いは?

もしもあなたが、医療大麻が合法的に入手できる州に住んでいるならば、樹脂が少ない産業用ヘンプではなく、樹脂を多く含む大麻草から抽出された、州の認可を受けたディスペンサリーで販売されているCBD製品を探しましょう。もちろん、たくさんのネットショップや小売店では、規制のない、ヘンプ由来のCBD製品も手に入りますが、その品質はさまざまです。ラベル表記が不正確なものも多数見受けられます。高CBDの大麻草と比べ、繊維または種子を採ることを目的に育てられた産業用ヘンプは通常、カンナビノイドの含有量が多くありません。そのため少量のCBDを抽出するのに大量の原料が必要になり、それによって製品に汚染物質が含まれる危険があります。なぜならヘンプは土壌から有毒物を吸い上げる「バイオアキュミュレーター」だからです。有毒物に汚染された土壌を回復させるという意味では素晴らしい特徴ですが、治療用のオイルを抽出するにはお勧めできません。徹底的に精製されたCBDペーストや、テルペンをまったく含まないCBDアイソレートの結晶は、高CBDオイル製品を調合するためのスターターとして最適ではありません。ただし近年は、CBDをヘンプではなく大麻から抽出すべきという議論は意味がなくなりつつあります。育種家の努力によって、法的にヘンプを定義するための恣意的な数字である「THC 0.3%」を超えず、かつCBDを豊富に含む高樹脂の品種が開発されているからです。

ヘンプ由来のCBDオイルをベープペンで吸うのは安全か?

画像

大麻由来、ヘンプ由来ともに、ベープオイル製品の多くは、ベープペンで加熱して吸入できるようにするための希釈剤が使われています。

プロピレングリコールを含むベープペン用オイルには気をつけましょう。『New England Journal of Medicine』に2015年に掲載された論文によれば、プロピレングリコールを加熱しすぎると発がん物質であるホルムアルデヒドが副産物として生成されます。避けるべき添加物にはその他、ポリエチレングリコール(同じく希釈剤)や、香料一般があります。中でもクリームやシナモンのフレーバーをつけるものは非常に有害で、決して加熱・吸入してはいけません。天然の、大麻から抽出されたテルペンだけを使っているカートリッジを選びましょう。つまり、そのベープカートリッジのフレーバーは、オイルが抽出された大麻草そのものから来たものだということです。

CBDには副作用はあるか、薬物相互作用はどうなのか

CBDはとても安全な物質ですが、一般的に処方されるさまざまな医薬品と相互作用を起こす可能性があります。十分な用量を摂ると、CBDはシトクロムP450の働きを阻害し、その結果、鎮痛薬、スタチン、抗凝血剤、インスリンその他の代謝に変化が起きます。CBDと医薬品の相互作用には危険も伴いますが、同時に、医薬品の副作用を軽減し、相乗的に作用して患者のクオリティ・オブ・ライフを向上させることもあります。たとえばカンナビノイドとオピオイドの相互作用は素晴らしい治癒効果を示しています。THCがオピオイドの鎮痛作用を促進し、CBDは禁断症状や依存を軽減させるのです。医薬品を摂っている人は、血中濃度の変化を監視し、必要ならば用量を調節してください。問題となる薬物相互作用が起きやすいのは、高用量のCBDアイソレートを使用した場合です。

 

当サイトの著作権は Project CBD にあります。許可なく転載を禁じます。


 

Revision date: 
3月 25, 2019

Find CBD near you

Browse hundreds of retail locations for quality CBD products.

検索

News & Reports

Person with IV
大麻を医療目的で利用する人は増えつつあり、医師や患者が、一般的な処方薬とどのような相互作用を持つかを理解することが重要になっています。

Top Conditions

In compiling a list of conditions that CBD may help, we examined hundreds of peer-reviewed articles in scientific journals.

Cannabis Conversations

CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには
CBDのホントとウソ、大麻由来のCBDとヘンプ由来のCBDの違いを勉強しましょう。
患者が絶大の信頼を置き、科学者は興味津々、政府のお役人が頭を抱え、投資家が夢中になる。CBDとはいったい何者なのでしょう?

Top Stories