提言:CBDのためにヘンプを育てるのはもう止めよう!

提言:CBDのためにヘンプを育てるのはもう止めよう!

CBD市場はすでに飽和状態。でも、ヘンプには別の明るい未来が待っている
CBD市場はすでに飽和状態。でも、ヘンプには別の明るい未来が待っている

初めに言っておきます。私はヘンプ栽培農家です。でもこれから私が言うことは、皆さんのためを思ってのことです。

この夏、CBD市場に向けてヘンプを栽培したいと思っているそこのあなた、どうか止めてください。2020年に CBD 抽出のためにヘンプを栽培した人なら誰でもいいですから、今年はヘンプを育てるつもりかどうか訊いてご覧なさい — そして答えがイエスだったら、去年と比べて栽培本数をどれくらい減らすつもりか尋ねてご覧なさい。

収穫物がどれほど素晴らしくどれほど豊富でも、売れないのは栽培農家のせいではありません。アメリカ全国どこを見ても、市場は文字通り売れ残ったヘンプのバイオマス(原料)が溢れているのです。そして、売り手は山ほどいるのに、買い手がほとんど見当たりません。

2018年 12月に農業法が改正されると、各州の政府は、農家が 2019年の夏にヘンプを栽培するのに間に合うよう、急いで規制を整えました。2019年には前年の 4.5倍の数の栽培許可が発行されました。先行したコロラド州やオレゴン州のヘンプ農家たちと同じような高価格で取引ができるに違いないと考えた新規参入の農家たちによって、広大な土地がヘンプ畑になりました。

ヘンプ農家たちは CBD 市場に標的を絞り、2019年には栽培量があまりにも多すぎて価格が大きく下がりました(当たり前です)。そのうち需要が供給に追いつくだろうと誰もが思いました。でもそうはならなかったのです。

そこで農家はどうしたでしょうか? 2020年には、さらに多くの高 CBD ヘンプを育てたのです。推定では、昨年栽培されたヘンプの 85〜90% が CBD 市場向けです。もちろん、価格はさらに下がりました。

価格が暴落を続けるなか、2021年にはヘンプ栽培の許可を申請する農家の数は減るでしょう。種子の販売会社からは、ここ何週間も、超安売りのお知らせメールが次々と届いています。どうやら CBD用ヘンプの種子の需要も停滞しているようです。これもまた、CBD 市場が行き詰まっていることの証です。

“ヘンプ=CBD” ではない

ヘンプ栽培によるグリーンラッシュのなか、みなヘンプとはすなわち CBD のためのものであると勘違いしています。サンジェイ・グプタ博士がシャーロット・フィギーを世界に紹介(2013年)する前は、ヘンプ合法化運動とは、食べ物、燃料、繊維のためのものでした。でも今、アメリカの農家でそうした市場に向けてヘンプを育てている人は多くありません。

あなたがヘンプミルクを飲み、ヘンプグラノーラやヘンプバーガーを食べているとしたら、その原料はカナダから輸入されたものである可能性が高いでしょう。アメリカ人は植物ベースの食生活に移行していると言いますが、それが本当なら、なぜアメリカの農家はもっと穀物としてヘンプを育てないのでしょうか? そこのヘンプ農家さん、聞いてますか?

ヘンプクリートはどうでしょう? Lowe’s や Home Depot で売っていますか? 話題なのに、店頭で見かけることはありませんね。

ヘンプクリートを市場で主流にするためには色々な基礎固めが必要です。建築家や建築企業がそれについて知らなければなりませんし、建築基準法も改訂しなくてはいけません。そして、ヘンプクリートが建材として一般市場に登場した暁には、大型ホームセンターチェーン店に供給できるだけの量が必要になります。そうなれば、ヘンプの栽培を拡大して、建築市場を満足させるために膨大な量を産出しなければなりません。ヘンプ農家さん、聞いてますか?

本当に、ヘンプの繊維は売れるのでしょうか? 私がヘンプについてのコラムを書き始めて3年目です。2月に寄稿したヘンプを使った梱包資材についてのコラム記事には、それ以外のコラム記事全部へのコメントを合計したよりも多くのフィードバックが寄せられました。ヘンプ製のトイレットペーパーは現時点では優先順位が低いかもしれませんが、アマゾンの梱包用の箱をヘンプ製にするのは優先課題です。

アマゾンの商品出荷用の箱はヘンプ製であるべきです。ジェフ・ベゾスには、それを実現するためにヘンプ業界を支援するのに十分な資産があります。それをすれば、ずいぶんとイメージアップになるでしょう。ヘンプは、神聖な樹木に代わる、地球に優しい代替製品なのです。ヘンプ農家さん、聞いてますか?

ヘンプ繊維に賞味期限はない

ヘンプ農家を脅かしたいわけではありませんが、飽和した CBD 市場に向けてヘンプを育てるというのはあまり意味がないように思います — 酵母から作った、安価な合成 CBD アイソレートがやがて市場に入ってこようとしているのですからなおさらです。

成長中ではあるけれども規模の小さいヘンプ繊維市場に向けてヘンプを栽培するのは、短期的に見れば賭けですが、考えてみてください — ヘンプ繊維には賞味期限はないのです。正しい品種を、長い繊維の採れる背の高いヘンプに育て、湿気のない倉庫で保管すれば、市場が追いつくまで腐りません。そして市場は必ず追いつきます。

今、ヘンプ由来 CBD の市場は、需要を上回る供給に悩んでいます。ヘンプ繊維はそれと逆なのです。そう遠くない将来、ヘンプ繊維に対する需要は供給を上回るでしょう。ヘンプ農家さん、聞いてますか?



Project CBD の長年の協力者であるジェリー・ホワイティング(Jerry Whiting)は、NWLeaf 誌に毎月コラムを連載している。この記事はコラム記事からの転載。

当サイトの著作権は Project CBD にあります。許可なく転載を禁じます。

Revision date: 
8月 6, 2021

本サイトの内容は、アメリカの非営利団体 Project CBD の記事を翻訳したものです。科学的エビデンスに基づいた情報の提供が目的であり、日本国内における違法行為を推奨するものではありません。 サイトのポリシーについてはこちらをご覧ください。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

カンナビス・カンバセーション

大麻草全草から作られる製剤、陶酔作用のないカンナビノイド、小児がんの治療について、ボニ・ゴールドスタイン博士に伺います。
CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます

人気の投稿