Nishi Whiteley

Photo of Nishi Whiteley

Nishi Whiteley is the author of Chronic Relief: A Guide to Cannabis for the Terminally & Chronically Ill. She is also the Director for Americas Business Development at the International Cannabis and Cannabinoids Institute. Prior to her current work she was a business development consultant and medical cannabis educator. Whitely also served as the director of international marketing at the Texas Department of Agriculture and was a fertilizers industry trends analyst for the Elsevier Group. Through her writing and speaking, Whiteley seeks to bridge the gap between cannabis science and safe application.

大麻と睡眠障害

エンドカンナビノイド・システムは睡眠においてどのような役割を果たしているのでしょうか? 大麻を使うと睡眠の質は上がるのでしょうか?

大麻と睡眠障害

An African American man stands hugging a pillow with one hand to his face. He is wearing a bright yellow shirt and standing in front of a blue background. There are feathers on his shoulder and head. He looks frustrated and tired.
質の良い睡眠は、感情面・精神面・肉体面での健康に欠かせませんが、多くの人が睡眠障害を抱えています。なぜ睡眠が重要なのか、エンドカンナビノイド・システムが睡眠に果たす役割、大麻とその成分、とりわけ CBDTHC が睡眠障害にどのように役立つかについて検証します。

CBDとパーキンソン病

How cannabinoid therpay may help Parkinson's disease

ケンタッキー州にあるルイビル大学医学部の研究者らは、これまで知られていなかったカンナビジオール(CBD)の分子標的を特定しました。これはパーキンソン病の治療に大きく影響する可能性があります。

モントリオールで開催された International Cannabinoid Research Society の 2017年の学術会議で Zhao-Hui Song と Alyssa S. Laun が行ったポスター発表によれば、CBD は、脳幹神経節に多数発現する “GPR6” と呼ばれるGタンパク質共役受容体を活性化させます。GPR6 は、結合する主な内因性化合物が何であるかが未だ解明されておらず、「オーファン受容体」と呼ばれています [1]。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

最新の記事

アクセスの多い疾患

CBDが効く可能性のある疾患のリストを作るため、学術誌に掲載された、査読を経た何百本もの論文を精査しました。

カンナビス・カンバセーション

CBDと「アントラージュ効果」、そして微生物叢が健康に与える影響について、イーサン・ルッソ博士に伺います。
CBDオイルはこうして抽出・加工されます
CBD を豊富に含むオイルを、安全かつ効果的に抽出・製造するには

人気の投稿