Adrian Devitt-Lee

Profile photograph of Adrian Devitt-Lee. He is looking off into the distance, standing in front of a pastoral scene.

Adrian Devitt-Lee is Project CBD’s chief science writer and a PhD candidate in applied math at the University College in London. He is the co-author of several articles in peer-reviewed journals, including the Journal of Physiology, F1000Research, SIAM Journal on Applied Mathematics, and Physica A.

てんかん治療における CBD と THC の相乗効果

カンナビノイド、中でもCBDが、難治性てんかんの一部に対する劇的な効果によって注目を集めています。

CBD と
抗てんかん薬の併用

child with electrodes on head, awake

カンナビジオール(CBD)は驚くほど安全な薬です。現在、CBDの安全性に関する最も大きな懸念と言えば、CBD を高用量で摂った場合に他の医薬品の代謝を変化させる可能性があるという点です。つまり、CBD は他の医薬品の毒性を高める可能性があるということです。この点は特にてんかんの治療において注目されています—抗てんかん薬の過剰摂取は非常に危険だからです。

高齢者はなぜ
大麻を使うのか

Smiling senior citizen with fisherman hat

合法化によって、10代の若者の間では大麻の使用率が下がる一方、中年層、熟年層は、加齢による疼痛のために大麻草の抽出物を使い始めています。イリノイ大学のジュリー・ボビット(Julie Bobitt)博士の研究チームは、高齢者がなぜ大麻を使っているのか、またその際に直面するのはどういう問題かを理解するための調査を行いました。

見えないところで:合成カンナビノイドと「ベーピング関連肺障害」

Project CBD が科学文献を徹底的に検証したところ、CDC が現在流行中のベープ関連肺障害の診断基準としているものが、「合成カンナビノイド」の使用による呼吸器障害の症状に類似していることがわかりました。

Thanks to our sponsors and supporters:

エリクシノール

Thanks to our sponsors and supporters:

人気の投稿